『デモンエクスマキナ』とかいうホワイト企業だらけのロボットゲーム

スポンサードリンク

FGOにもウォーフレームにも飽き気味のかずひろです。

Nintendo Switchのソフトを30本以上買っているのですが、中々プレイ出来ない今日このごろ。

積みゲーになりつつあるので、クリアしたらレビューしていこうと思います。

最初はこのソフト。

任天堂版アーマード・コアこと『デモンエクス・マキナ』じゃい!

豊富なパーツでカスタマイズ

本作は人型兵器の『アーセナル』に搭乗する『アウター』と呼ばれる存在となり、敵性化したAI『イモータル』と戦って行きます。

本作でもACと同じようにアーセナルのパーツや武器をプレイヤーの自由にカスタマイズ出来ます。

各パーツには性能を強化するアタッチメントが装着出来ますが、どの性能を上げるかも自由です。

パーツは敵のアーセナルを破壊したり、ファクトリーで開発したりと様々です。

あ、当然ながらカラーも選べますし、デカールといった装飾やポージングも変えられます。

ミッション中にもパーツを交換可能

敵のアーセナルを破壊するとミッション中にパーツをゲット出来ますが、任意で装備中の武器とも交換が出来ます。

弾切れになった時に使えますね。

アーセナルだけでなくキャラメイクも

プレイヤーの分身となる『アウター』もキャラメイクが出来ます。

スーツの種類やカラーも自由に出来ます。

禁断の改造?

ちなみに、アウターは改造手術を行えます。

各能力がアップしていくのですが…。

頭部を改造したら目が発光するように。

全て改造するとこんなアンドロイドみたいになります。

強さを取るか見た目を取るかといった感じですね(^_^;)

ちなみにお金を払えば人間に戻れます(どうなってんだ)。

敵を倒してパーツを強化

装備を整えたらミッションへGO。

基本は『イモータル』の撃破ですが、時には『アーセナル』を相手にすることも。

ライフルやミサイルの弾薬は雑魚敵がドロップするので安心。

鍔迫り合いがカッコいい!

自機と敵が同時にブレード攻撃を行うと鍔迫り合いが発生します。

この演出が非常にカッコいい!

ボタン連打を成功すると相手を吹き飛ばすことが出来ます。

巨大な敵との戦闘も

大型のイモータルと戦わなければいけない場合もあります。

大型イモータルには弱点や行動パターンがあるのでよく観察して戦いましょう。

ここらへんはモンハンっぽいですね。

ネタ要素満載

ゲーム以外のネタがあってそちらも楽しめました。

バレットワークス所属のディアブロ少尉。

※ディアブロは悪魔の意味。

カラーは黒いけどCVは白い悪魔。

機体名のシャドウファングは多分リボーンズガンダムのフィンファングからと思う。

同じくバレットワークスのクリムゾンロード少佐。

CVは赤い彗星。

機体は勿論赤いアーセナルでショットガンを装備。

多分、サザビー。

ネメシスのCVは川澄綾子さん。

ネメシスがミッション中の会話で。

「約束された 勝利のために」

完全に我らが騎士王アルトリアさんです。

本当に本当にありがとうございました。

フロム脳が裏目に出る?ホワイト企業体質

いや、フロムゲーってだいたい裏切りとかミッション内容違ったりするじゃないですか。

※デモンエクス・マキナはマーベラスです。

フロム脳で挑むと肩透かしくらいます。

敵から追われてる時に加勢に来てくれたり。

「武装解除してここ集合」って言われたので。

フル武装で行ったら3体1で襲われるのですが…。

言葉通りに武器を装備しないで行くと会話だけしてミッションクリア。

企業もホワイトだと?

本作にはスカイユニオン、ゼン、ホライゾンという企業が存在します。

厄介事を押し付ける会社かと思えば。

何この優良企業たちは?

こんな人におすすめ

  • 体が闘争を求めている人
  • 鉄臭さが欲しくなっている人

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)