《今話題》ホリエモン監修の生成AI講座【タノメルキャリアスクール】

ブログで使える!ネット上のハンドルネームの決め方4選【永久保存版】




悩める人

SNSやブログの名前ってみんなどうやって決めてるの?

アイディアがあれば教えて欲しい。

本記事ではそんなお悩みを解決します。


今やほとんどの人がインターネットで

何かしらの活動をしています。


ブログでの情報発信。

You Tubeを使ったライブ配信。

Twitterのつぶやきなど。


今やSNSだけでも日本人の8割

使っているとの結果が出ています。


ともすれば、ハンドルネーム、

名前に関して困っている方も

多いのでは無いでしょうか?

本項では「ハンドルネーム」の決め方に

ついて解説します。


今回も、ぜひ最後まで

読んでいただけると幸いです。

僕も名前で悩みました

今ここで白状します。

僕は、マジシャンとして活動していた

時期があります。


芸人としてではなく、

個人の趣味としての範囲です。

あくまでアマチュアの素人ですが、

やはり芸名には悩みました


ネットで調べたり、

あらゆる書籍を買い漁りました。


下手すると、2ヶ月くらいは悩んで

活動が出来なかった時期があります。

しかし「あること」に絞ったら解決

そんなある日、

ついにその「答え」を発見しました。


最初こそ自信がありませんでしたが、

時間が立つつれて、「これしか無い!」

感じるようになりました。

あなたが人に覚えて貰えない理由

ここに書くのは過去の僕の失敗です。


お恥ずかしい限りですが、

反面教師として見てもらえれば

幸いです。

①クッソ長い名前

じゅげむ じゅげむ ごこうのすりきれ…。

落語でも有名なお話ですね。


でも、これを知らず知らずのうちに

やってしまう方もいます。


長い名前なんて、呼びたいと思いますか?

何の為のニックネームなんですかね?

②読めない名前

「光宙」という漢字で、

『ぴかちゅう』と呼びます。


よくあるキラキラネームってやつです。


こういう名前を見る度に、

僕はこう思うんです。


誰がそんな風に読めるんだよ。

③ローマ字や英語

「KAZUHIROです。」

「Michelleです。」


こちらも、一見すると、

問題なさそうに思います。


しかし、一目見ただけでは

認識しづらいんですよね。


個人的な意見ですが、英語表記は

日本人には馴染みが少ないので、

一瞬で理解しにくいです。

僕がハンドルネームを解決した方法はたった一つ

いろいろ調べた結果、答えは非常に

シンプルでした。


即ち、

「相手のことを考えて名前を付ける。」

 

たったこれだけです。

正直、これに勝る理由はありません。


それでは実際に

その理由をまとめていきます。

あなたは有名人でも何でない

よく勘違いしてしまうのがこれです。


あなたがフォロワー数1万人などの

インフルエンサーであれば

問題ありません。

しかし、この記事を読んでいる限りは

違いますよね?


有名人を目指すのはご自由ですが、

奇抜な名前を付けたからといって

覚えて貰えるとは限りません。

認識されるのが最重要

『ハンドルネーム』で重要なことは

認識性です。


あなたがどんなに凄い人でも、

ハンドルネームを間違えると、

誰も覚えてくれません。


逆に言えば、天才やセンスが無くても

名前さえちゃんとしていれば

覚えて貰えるチャンスが増えます。


ではその絶好の機会を逃さない為に、

『覚えて貰う為に必須な要素』

ご紹介します。

覚えて貰う為の名前の付け方

それでは実際に使ってみた名前の要素を

ご紹介します。


今すぐ使えるものばかりです。

ひらがな、カタカナを使う

僕は日本人です。


なので、日本語が一番馴染みが

あります。


英語やローマ字よりも、

ひらがなやカタカナの方が

読みやすいです。


ひらがなは幼稚園児でも読めるので、

広範囲の方に覚えて貰える

メリットがあります。

肩書をつける

例えば『〇〇先生』。


何かの情報を教えてくれそうな

名前ですね。


非常にシンプルながら、

権威性を持てるのでおすすめです。

5文字以内におさめる

前述しましたが、

長ったらしい名前はNGです。


名前は長くても5文字より多くならない

ようにしましょう。

  • ドラえもん
  • ピカチュウ
  • サザエさん
  • ルパン
  • ルフィ


誰でも知っているキャラクターも

だいたい5文字以内ですよね。


日本人の名前にしても、

漢字4、5文字がほとんどでは

無いでしょうか。

本名やあだ名にする

僕自身は本名をひらがなにしています。


人によっては

学生時代のニックネームも有りです。


気取らずにシンプルな方が

名乗りやすいですね。


自分でも間違いにくい

メリットもあります。

実名はネットですと

特定される危険があるので、

全部ひらがな、カタカナに

してしまうのは賢い手段の一つです。

まとめ

  • 長い名前はやめる。
  • 読めない名前はつけない。
  • ローマ字や英語はほどほどに。
  • ひらがなやカタカナを使う。
  • 肩書を入れてみる。
  • 5文字以内にする。
  • あだ名を平仮名カタカナにする。