【Warframe】初心者にもおすすめ!序盤〜中盤に制作出来るフレーム

スポンサードリンク

中級テンノのかずひろです。

ウォーフレーム楽しんでますか?

今回は初心者向けに「これだけは作っておけ!」ってフレームをまとめました。

最初のフレームでもいいけど

別に最初のフレームが気に入ればそれでもかまいません。

が!

それは非常に勿体ないことだと思います。

このゲームは武器も豊富なら使えるフレームも多数。

何よりフレームにより得意なミッションが存在します。

つまりミッションが楽になるということです。

例えば最初に選択出来るExcaliburは万能型フレームですが、潜入ミッションはLOKIの方が楽になります。

逆にLOKIは多数を倒す殲滅ミッション向けではありません。

※勿論、それぞれ出来ないわけではありません。

おすすめなのはこちらのフレームです。

RHINO(ライノ)

みんな大好きライノ兄貴。

「迷ったらRhino持ってけ」ってくらいの信頼度。

2番の無敵が装備が少ない初心者にも助かる。

3番の攻撃力アップのバフ、4番のCCなど活躍するミッションは数しれず。

エンドコンテンツのテラリストやお金稼ぎのインデックス耐久と幅広いミッションにも使える汎用性がウリ。

パーツは全部、金星ボスからドロップします。

FROST(フロスト)

名前のごとく氷を操るフレームです。

3番アビリティ通称かまくらで守るのが仕事。

防衛や起動防衛、発掘ミッションなどに最適です。

ケレスのボス、Captain Vor&Lieutenant Lech Krilを倒すとパーツがドロップします。

ここから先は中盤あたりに作れるフレーム。

LOKI(ロキ)

デコイや入れ替わりといったトリッキーなフレーム。

2番アビリティの透明化により敵から視認されなくなるのが特徴。

特に潜入ミッションに向いています。

とはいえレーザーセンサーには引っかかるので過信は禁物。

透明化できるフレームはOCTAVIAやIVARAがいますが、作りやすさではLOKIが楽です。

パーツは海王星のボス、Hyena Packがドロップ。

NEKROS(ネクロス)

死体を操る怪しいフレーム。

敵を倒した時のドロップを増やすアビリティを持ちます。

3番アビリティに増強Modぶっ刺して耐久しているとあっという間に素材をあつめられます。

パーツをドロップするダイモスのボスが面倒くさいのがネック。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)